2018年7月21日土曜日

人と古材と自然が一体化した空間

塵一つなく、きっちり整頓された
スタイリッシュな部屋や
完璧に手入れが行き届いた人よりも

ずっと圧倒的に記憶に残り、
憧れてやまない存在の
人や空間が世の中には
まだまだあるものだな、と

久しぶりに自分の価値観を
揺るがすほどの熱い影響を
一人の女性から受けました。

その人のスタイルはいつも
使い込み擦れて変色した上質な革の靴と鞄、
綿シャツと擦り切れたワークパンツに
パナマ帽がトレードマークで

唯一アクセサリーが女性らしさを
感じさせるデザイン。

そのスタイルを一度目にすると
旬なファッショニスタの着こなしも
霞んでしまうほど。

森の中に佇む小さな住居は
たとえ空間が散らかっていても
なお、目を見張る物があり

使われている木材のフシやひび割れ
塗装の剥がれや錆び、
古い道具が持つ独特の空気感を
窓から差し込む自然光が照らし

些細で小さなモノとの
偶然の出会いを逃さずに、
大切にしてきたんだろうなと

住居、人、取り巻く自然が
見事に一体化した生活には
憧れと感動が沸いてきます。

日々の生活に追われ
小さなことに拘りすぎて
全体の調和を見ようとしなかった自分の生活を
改めて省みる機会となりました。




              Tiiu



2018年7月19日木曜日

癒しのレコードタイム

暫くの年月、部屋の片隅で
ずっと埃を被っていた
アナログのレコード盤たち。

日本で持っていた愛すべき
レコード達を少しずつ
今の住居に移動してきたり、

新にレコードを買い集めて
増やしたりするものの

肝心のレコードプレーヤが
故障中のまま
忘れられた存在だったのと

音楽を聞くことが
別の手段でずっとお手軽になった
この時勢の流れもあり、

久しぶりに新調した
レコードプレイヤーに針を落とした
音を聞くのは、ただただ懐かしく

ずっと耳を傾けて居たいほど
癒しの空間に。

レコードが奏でる音の空間は
不思議とどこか違う時間が流れる様な、
特別な次元にいるかのようで

あっという間に
毎日の生活に潤いを与えてくれる
存在として馴染んできました





            Tiiu

2018年7月17日火曜日

おばあちゃんの知恵・ビネガーシャンプー

フランスにもスペインでも
科学的根拠はよく分からないけれど
昔から伝わる生活の知恵、

いわばお祖母ちゃんの知恵のように
身の回りの生活道具、
食材などで小さな問題を解決する
言い伝えが存在します。

最初は疑ってかかってみるけれど
騙されたと思って
試してみると、

キツネにつままれたように
見る見る症状が改善したり
家の問題が解決したりすることも、しばしばで

今では積極的に
知恵をお借りする姿勢でいます。

最近の収穫はシャンプーに
りんご酢を混ぜて使うと
頭皮がすっきりして、
髪のサラサラ感が持続するということ。

きっとこれには
石鹸のアルカリ性を酢の酸が中和するという
科学的根拠があるのだろうけど

そこはあまり深く考えず、
知って少し得したと
楽観的に日々の生活に取り入れています。




          Tiiu 

2018年7月15日日曜日

色で楽しむビーズアクセサリー

春夏になると、うずうずと
付けたくなるのが
カラーバリエも豊富な
ビーズのアクセサリー。

ネックレスやブレスレットだけでなく
ピアス、ヘアアクセサリーなどにも
使われることが少なくない

ビーズのアクセサリーを
素敵に付けこなす秘訣は
配色にある、と思っています。

一般的に、アクセサリーを選ぶ時は
デザインや形、ボリューム感
などなどを吟味しますが

ビーズアイテムの場合ですと、

自分好みのカラーバランス最優先が
何と言ってもオススメで、
色で選んでも良いくらい。

素肌や無地のTシャツ、トップスに
浮かび上がる、艶やかビーズの
コントラストが、印象的に映えたなら

もうそれだけで
ビーズアクセサリーを
使いこなしたと言えるでしょう。




         Tiiu

2018年7月13日金曜日

ジャスミンが目を覚ます中国茶

岡倉天心の「茶の本」によると
お茶の発祥は中国からであり、
そこから様々な進化を遂げたのだとか。

好きな茶葉を集めては
日ごろからお茶を沢山飲む
我が家でも、

中国茶を飲む機会が意外に少なく
偶然、友人からもらった
ジャスミン入り中国茶の
中身の茶葉を見て

本当のお茶好きは
中国茶を一番愛する意味が
ほんの少し分かったような..

食欲が落ち気味になり
肉や脂っぽい食事を避ける夏には特に

すっと香りが突き抜ける
ジャスミンの香りが心地よく
熱くても爽快な気分になる中国茶。

紅茶ならアールグレイ、
ハーブティーならレモングラス、
ルイボスティーならオレンジティー

これらと並んで
夏に飲みたいお茶シリーズの
一つとなりました。




                                Tiiu


2018年7月11日水曜日

和か洋か、傷跡に効くコスメ

夏に出来る足や腕の傷跡は
常に紫外線が厳しいこの地では
うっかりすると、シミになる
危険性を秘めておりますが

ガーデニングによる虫刺され
剪定の際の枝に擦れたり
サンダルずれ、料理時の油ハネなどなど

普段の日常でキズが出来てしまえば
肌を出すこの季節が憂鬱に..

さて、個人的には
腕や足に出来る傷跡の類で
最もやっかいなのが、虫刺されアトで、

この傷跡の治りが一番悪くて
毎年のように悩まされるため

日本で買い求めたのが
アットノンジェル、

これは無色透明のジェルが
心地よく、昔の傷跡にも効く優秀品。

そして、欧米でそれに代わる品というのが
ialusetクリームという、
ヒアルロン酸入りの塗り薬で
フランスの医薬品。

これは傷に使うと治りが
若い頃並みに早くなり、治りが早いと
傷跡もおのずと残りにくくなる頼もしさ。

キズが出来ないに越したことはないけれど
虫刺されは忘れた頃にやってくるので
和と洋の傷跡用クリーム(ジェル)を使い比べ
効果の違いを観察してみます。





       Tiiu


2018年7月9日月曜日

ヨーロッパ女性と白い服

おや、また一番に品切れ?!

こう思いながら溜息をつくのは
狙っていた白いTシャツやタンクトップが
手に入らなかったとき。

夏になると、フランスでもスペインでも
トレンドに関わらず
1番に売れて行くのが白いトップスで

ベーシックなTシャツはもちろんのこと
ブラウス、シャツ、カットソー、
アイテム形状に関わらず

そこにレースや刺繍が付いていたり
トレンドデザインであったりしても、
ホワイト色の人気は揺るぎません。

ここの所トレンドに浮上している
山吹イエローやオレンジ、レッド色に
合わせてもやはりサマになる
白のトップスは、

アクセサリーを際立たせたり、
日焼け肌をより映えさせる、
下地でもあり

若者から年配の婦人まで
皆が狙っている
欠かせない夏の色の筆頭です。





          Tiiu