2017年5月1日月曜日

和のタペストリー


ヨーロッパで最近人気の
インテリアアイテムと言えば、

少しボヘミアン且つ
クラフト感のある
壁掛けタペストリー。

クロシェ編みに編みこまれた
デザインや、 キリム織りの
素朴な布など

 ほっこりしたデザインが
魅力でつい欲しくなってしまいます。

それを見て思い出したのが
我が家にもあった、
タペストリー的なアイテムで

和のテイスト満載の
リネンの布に母が描いた
一筆画の掛け軸。

丁度タイムリーにも
5月の節句に合わせた
兜の絵が鮮やかに壁を飾り

和の部屋でもないのに
浮いた感じにならないのは

ふんわりとしたタッチの絵柄と
スペインの土っぽい壁と
相性の良い色彩バランスかも..

涼しげリネンの掛け軸は
秋になるまで
この壁を彩る予定です。


                                        Tiiu

0 件のコメント:

コメントを投稿