2017年5月22日月曜日

モリバトがやってきた

ヨーロッパの田舎に滞在したり
住んだりするまで

街で見かける以外に
こんな種類の
ハトがいるなんて知らずにおりました。

 我が家の庭では
ちょっとしたバードウォッチングが
出来てしまうほど
 日々10種類以上の鳥がやってくるのですが、

その中でも一番
人懐っこくて
可愛気があるのが
グレーと黒の羽が素朴なシラコバト。

 このシラコバトも日本では
見かけない種類のハトですが、

最近頻繁に出入りしだしたのが
ハトの中でも一番大きい種類と言われ
 ジビエとして食用にもされている

くちばしがオレンジ、
首が白い羽で覆われた
モリバトなるもの。

 これが本当にアヒル並みの大きさで
 カップルで庭をウロウロされると
獣がいるのかと錯覚してしまうほど..

見た目は鈍感そうなのに、人への警戒心が
ハト一倍強いのは
人間がジビエとして食べていることを
知っているからだろうか。





               Tiiu


0 件のコメント:

コメントを投稿