2018年2月4日日曜日

プチ贅沢なエイの日

魚介類は肉に比べて
全体的に値が張るスペインでも

フランスよりは
幾らか良心プライス且つ、
より多くの種類が選べるのは良い所。

鮭や鯛、スズキに鱈などは
いつでも手に入りやすく
お値段もまずまず、

 日常で買うのはどうしても
この4つのどれかに
偏ってしまい、時々季節ものの鯖だとか
甲殻類のイカ、タコ、ムール貝が定番。

そして、ちょっと贅沢にいこうと
決め込んだ日に選ぶのが
まっ平らな魚、エイなのです。

エイは他の魚に比べて
捨てる所が多く、身が少ない
と言うこともあり、
値段は高め設定のことが多く、

1匹丸ごとで買うと
かなりの重さの割りに身は少なく
なかなかの贅沢魚といえるかも。

それでもつい買ってしまうのは、
あの何ともいえない上品な食感と
ヒレの部分に付いた脂身のトリコになってしまうから。

シンプルにバター醤油で食べるのが
一番美味で、焼きすぎない火入れの状態で
食べ始めると、

あっという間に
骨骨状態に..

あの水族館で見かける
見かけとは想像も付かない
美味しさが、また楽しいギャップです。



             Tiiu

0 件のコメント:

コメントを投稿