2018年1月28日日曜日

スペイン陶器

燦々と太陽の光が降り注ぐ
気候が影響しているのか
単に好みの問題か、

スペイン南部で作られる
陶器やタイルの類は
色柄が明るく、ハッピーな
デザインが多いように感じます。

色使いや柄が時に大胆であったとしても
どこか素朴な印象もあり
土っぽく、温もりがある手触りは
大家族の朗らかさみたいでもあります。

同じように陶器の産地がある
フランスのそれは
ひんやりクールで、滑らかなイメージ。

色使いも、どこかアンニュイで
うす曇に覆われた日が多い
気候に、これも反映されているのだろうか..

作られる大地の特徴が
色濃く出た、陶器やタイルを
眺めたり飾るのは
インテリア好きの楽しみの一つです。



                      Tiiu


0 件のコメント:

コメントを投稿